男性 高齢出産 なんさいから リスク

男性の高齢出産は何歳から?リスクはあるの?

男性の場合も高齢出産ってリスクあるのか。

一般的に高齢出産について話すときには母親や子供への影響についてだと思います。しかし、男性の高齢出産も同じように大きなリスクがあることはあまり知られていません。

 

ここでは男性の場合は高齢出産にどう影響を及ぼすのか説明していこうと思います。
男性が出産に関わるところは「精子」です。精子は毎日生産されるので老化は起きないと思っている方もいるかもしれませんが、知られていないだけで精子も高齢にともない劣化していきます。要するに男性が高齢であればあるほど出産のリスクは高まるということなのです。
ある研究所による精子能力調査の表です。

 

年齢          精子の活性化能力

 

35歳未満       70%以上

 

35歳〜39歳まで   62%

 

40歳〜44歳まで   52%

 

45歳〜49歳まで   39%

年齢別の染色体異常の確率はコチラ
このように男性も年齢にともない精子能力が落ちていくことが分かります。
ただし、個人差がありますのであくまで平均ではということです。
この個人差が大きく、女性ほど出産が限定されるわけではありません。

 

精子が衰えていくしくみを説明すると、加齢によって精子の数が減ったり、活発な精子が作られなくなります。精子は毎日新しく作り出されますが、この過程で遺伝子に異常をきたす確率が高まっていくのです。
最近では夫婦で染色体異常の検査も可能です。

 

では次にリスクについて説明します。
男性の高齢出産は自閉症と小人症に大きな影響があると言われています。
流産率や胎児脂肪率、妊娠高血圧症、低体重児、統合失調症も増加してしまいます。
40歳以上の男性は30歳以下の男性に比べて自閉症のこどもが産まれる確率が6倍になるという研究結果もあります。
晩婚化による影響は自閉症をもったこどもが増えたことにも見ることができます。
また、子供が成人した際のガンのリスクも高めてしまうとも言われています。
娘ならば、乳がん、卵巣がん、子宮内膜がんのリスクがあり、息子ならば、前立線がんのリスクがあります。
最後にうつ病にかかってしまう確率があがるという研究結果があります。
これは躁うつ病と診断された患者にアンケートをとった結果、父親が55歳以上の時の子供は躁うつ病にかかる確率が37%高いというものでした。またピジョン葉酸サプリは口コミでも人気があるので男性の高齢出産の場合はためしてみるとよいかもしれませんね。

 

自分でもこう書いていると男性の高齢出産はリスクが高すぎるから絶対にやめないといけないと感じてしまいますが、リスクがあるのは20代でも同じで若いから99%大丈夫だというわけではありませんし。私がここで言いたいのは高齢出産には男性も関わってくるものなのかということで、男性にもリスクがあると言ったというだけです。
考えすぎてもいけませんが、知っておくべきことだからです。
染色体異常の原因とは?

 

更新履歴